誰も知らない自分を探す旅へと出ようか(第二章)

レビュー

そぉナァンドデモオオォォ!!(挨拶)


さて、前回GeneLifeに申し込みはしたものの、結果は軽く一ヶ月くらい待ってねとお断りされてしまい、未だ自分探し放浪中の管理人です。
そうなるとカラーバス効果なのか、あるいはいつもコッソリ裏で監視してる検索エンジンAIのせいなのかは判断しかねますが、他にも色々と自分探し向け情報が目に飛び込んで来たりして、ふと気が付けば別の申込みをしておりました、ハイ(チョロい)

受け方・診断方法 | ストレングスファインダー®とは | ストレングスファインダーで強みを活かす 株式会社ハート・ラボ・ジャパン

今回のコレは、先のGeneさんとは違って、ズバッとその場で診断結果を返してくれます。
加えて、その筋では結構大御所的な自己診断テストとしての地位を確立しており、非常にスタンダートな存在といえるでしょう。

どんな内容のものかと申しますと、確か170個くらいのアンケートに答えて、その回答結果を基に34項目に分類された資質のどれがあなたの強みとして備わっているかをズバッと言い当てて、それらの強みをうまく使うコツを教えちゃいましょう!というサービスです。
こう書くと何とも胡散臭い感じですね……。

実は、この診断を受けるのは今回が始めてではございません。
かつて「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という本が平積みで書店に並んでいた時期に一度、同書を購入時に利用できる付属のIDを使ってテストを受けております。

えーと、いつだったかなぁ……たしか8年位前だったような……?多分転職活動してた頃じゃないですか。面接でありがちな「あなたの強みは何ですか?」と質問されたとき用に色々準備してたんじゃないかと思います。

当時残してた記録では、約8年くらい前の自身の資質はというと

  1. 慎重さ
  2. 収集心
  3. 内省
  4. 調和性
  5. 分析思考

すんません、それぞれの資質の説明については、めちゃくちゃ長くなりそうなのと場合によってはGallup社あたりから苦情が来ることにもなりかねないので割愛します。
ただ、なんとなくそれぞれの単語から連想するに「どっちかといえば臆病で、コレクター気質があって何かにつけ自分を省みつつ、周囲の様子を伺うキョロ充なんじゃないのと分析してる人」と想像できますね。うわ、なんて面倒くさい人なんだ!(←お前のことだ)

今回、8年の歳月を経てこちらの結果がどのように変化しているのか、あるいはほぼ変化がないのか。
例えば新たな結果が「ポジティブ」「社交性」「コミュニケーション」なんて(まず当方に該当しなさそうな)項目が上位を占めるようでは、「結果バラつき過ぎ……このテスト全然信用ならんだろ……」という結論に達することは必至ですが、一方まるで定規で測ったようにキレイに同じ結果が出ちゃうと、それはそれで何も代わり映えしなさ過ぎでつまらないですね。そういうこともあり、ねんのため今回はTOP5だけでなく全34項目分のリストがわかるタイプのものにしてみました。

そして、今回の結果TOP5はコチラ。

  1. 収集心
  2. 最上志向
  3. 未来志向
  4. 内省
  5. 慎重さ

ちょwコレクター気質が悪化進化しとる!
おかしいな、今はどっちかってぇとミニマリスト的に結構いろんなものをぶん投げてる真っ最中のハズなのに……?
それから、内省と慎重さは相変わらずのTOP5入りか……但し、昔と比較すると若干慎重さがなくなったようだな。それをどう捉えるべきなのか。

そして、初顔見せとなる2つの資質が登場してる……。


もがみ
もがみ

どうもー
最上(もがみ)でーす!

みらい
みらい

はじめまして。未来(みらい)と申します
よろしくお願いします


何この志向姉妹。しかもこれまでの資質を蹴散らして2位3位でフィニッシュですよ!?
さらにはパッと見でその内容が良くわからない……。


もがみ
もがみ

私はー、優れたものを最ッ高のものに変えるの!

みらい
みらい

私は、未来のビジョンを語ってみなさんにエネルギーを与えます

ロカ
ロカ

なるほど、分からん!


…やはりこちらの公式も公式らしく「日本語訳に違和感を感じる特徴的な紹介」だったのでより平易に解説しているページを見ておおよその概要を理解しました。

てか、こちらのサイトがもうそれはそれは懇切丁寧に解説されており、公式サイトなんかより非常に参考になりました。本当にありがとうございます。



……ちょっと1回の記事で伝えるにはお腹いっぱいな内容なので、申し訳ありませんが「続く」とさせて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました