液タブ、ドーン!(導)入記 [続]

Apple

前回の記事はコチラ(↓)

ひとまず仮設置はしてみたものの、
そのあまりの大きさに圧倒され
はてさてどうしたものかと思案にくれていたが

管理人
管理人

ま、まずは元のディスプレイと両方使えるよう構築しよう……

と思い立ち、気を取り直して作業を続ける。

さて、現在の主力マシンであるM1 MacBookAirだが、
ただでさえUSB-Cポートが2つしかないというのに
そのうち1ポートは電源供給にも使うという
引き算の美学この上なきマジ勘弁な仕様となっている。

したがって、これらの制限をとっ払うべく
世間にはUSB-Cドックなる便利製品が販売されている。
こちらの製品、どんなものかとひとことでいうなら、

1つのUSB-Cポートがなんか色々使えるようになるモノ

と思って頂ければだいたい合ってる。

かくいう自分も、先に述べたとおり狂おしいほどの制約から
解放されるべく以下の製品を愛用していた。

【実機レビュー】Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ|テレワークに最適の必要十分なポートのハブ - ガジェスペ|ガジェットブログ
どうも、ガジェット大好きのりょうです。 本記事では、ANKERのベストセラー品である「Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ」をレビューしていきます。 ...

実はこちらの製品、さすが安定のAnkerさん製だけあって
実にかゆいところにまで手が届いたGoodな構成なのだ。

その小ぶりなボディからは想像しがたいが、こいつを使えば
たった1つのUSB-Cポートがあら不思議
・USB3.0のポート✗2系統、
・HDMI出力端子
・SD端子
を同時に使えるようになってしまうのだ!
しかもしかも、この上PD給電にまで対応してるとあっちゃぁ
ポート数の少ないAirさんにもまさにピッタリな商品!
そのうえシュガーレスでお砂糖も入ってないから
これならママもOKさ!(古)

あ、それと今後使う予定もなさそうな有線LANポートもあるよ、
多分きっと確実に使わなそうだけど……。

ただ、これだけ豪華な仕様だとさすがに
「でも、お高いんでしょう……?」
と思ってしまいそうだが、じっさい値段の方もこなれたものだ。
ま、まぁ確かにもっと安い中華製のもあるようだが……
そのほとんどが以下のサイトでの判定結果ボロボロだぞ……?

サクラチェッカー | やらせ サクラ評価 口コミが丸わかり
サクラ/やらせ口コミを除いた本当の評価が分かるサクラチェッカー。Amazonや楽天などECショップのやらせ・サクラ評価を見抜き安心なお買い物!最終的に皆が選んだ製品のランキングやレコメンドから簡単に信頼性の高い製品を選べます

まさに全方位一分の隙がないこちらの機器を活用し
下図のような構成にすれば、理論上全く問題なく
両方のモニタが使えるようになるハズだ!

えぇ、そう思っていた時期が
オレにもありました……。

実際には、色々と試行錯誤してみたもののちっとも
液タブ側に画面が表示される気配なし……エエェェ……。

そりゃもう調べましたよいろいろと、えぇ色々と!
かつて仕事してたとき以上に!それは鬼気迫るほどに!!
そしてたどり着いた答えは、 こんなシンプルなものだったんだ……。

Apple M1チップを搭載したMacBook Air/ProはPD対応の外部ディスプレイに接続しても、扱えるディスプレイは1台までのため、残りはAirPlayかSidecarで。
 Apple M1チップを搭載したMacBook Air/ProはPowerDelivery対応の外部ディスプレイに接続しても、扱えるディスプレイは1台までとなっています。詳細は以下から。

Apple M1チップを搭載したMacBook Air/Proは
PD対応の外部ディスプレイに接続しても、
扱えるディスプレイは1台まで

ド(怒)ーーーーーーン!!


2台併用できない……?
どっちか……だけ……?


タブレットの画面は22インチとはいえ解像度はフルHD相当なので
とてもじゃないがメイン画面として使うには狭すぎる。
とはいえ、せっかく買っても使わなけりゃ意味がない。

な、なんだこの二択……?

なんじゃこりゃああああぁぁぁぁぁ!!

ツッコミ君
ツッコミ君

そんなん買う前に調べとけよ!

– まだ続く –

コメント

タイトルとURLをコピーしました