え?まだ行動心理学続いてたの!?


続いてます。だって紹介しきってないもん!管理人です。

えーと確か全部で6項目あったから、今回含めてあと5回もあるよ!
あぁ、さすがに途中でダレそうだな……。

「もうダレとるやろ」

と、思ったあなたは非常に鋭い観察眼をお持ちですね。
その特技を活かして心理分析官を目指してはいかがでしょうか?

目次

「希少性」とは

あ、えーと何でしたっけ?
そうそう、希少性ね、希少性。
これはとても単純。もう本当に単純。

●人はレアモノに弱い
●レアモノは必要以上に価値を高めてしまうことがある

きっとあなたにもこれまで生きてきた人生のなかで
少なくとも一度や二度は思い当たるフシはあったでしょう。

希少性の具体例

手に入りにくい、というのはそれだけで価値があるのです。

たとえば金(あ、元素記号Auのほうのです)も
この地球上に存在する量が一定数しかないために
限られた貴重品として認識されています。

これがもし、名うての錬金術師あたりがひょっこりやってきて
そのへんにありふれたものをつぎつぎと金へ換えだしたりしたら
その価値なんぞあっという間にスギャンと地に落ちて
金相場は大混乱してしまうわけですよ!

つまり、錬金術師である主人公が運命に翻弄されつつも巨悪と闘う
少年マンガの王道であるストーリー展開ではなく
気が向いたら金を錬成して小銭を稼ぎつつ毎日ゆる〜く暮らしてる
グータラ錬金術師とその仲間たちが織りなす日常系マンガだったら
とてもあんな発行部数にはなったりしないのですよ!
(なんの話だよ)

希少性への造反

スティーブ

て、王道展開の少年マンガなんぞ世の中に溢れてるし…
むしろそれって希少性の逆になるんじゃ?

管理人

ぐ、ぐぬぬ……

スティーブ

ぐうの値も出ませんか?

管理人

ち、違うよ!そうじゃないよ!
少年マンガの王道ストーリーには
それだけ人を惹きつけてやまない理由があるんだよ!

管理人

さまざまな人との出会いを通じ、経験をかさねて
成長していく主人公
強敵との熱いバトル、そして芽生える強い絆

管理人

まさに努力と友情と勝利!

管理人

つまり、少年マンガの主人公たちの生き様は僕らにとっての
「黄金律(ゴールデンルール)」なんだよ!
ほら、金だし希少じゃないか!

スティーブ

ふむ、たしかに今目の前にいるのが
そんな黄金律にしたがって成長した
希少な大人じゃないってのは確かなようですね……

管理人

スティーブ……屋上へ行こうぜ……

希少性のまとめ

最終的にはスティーブも納得してくれたようなのでもう一回おさらいします。

納得してくれたスティーブ

人は〜、限定品に〜、ヨ・ワ・い〜!
それから〜、スティーブも〜 、ヨ・ワ・い〜〜〜!!
あと、
おなかが空いたら、 ペ・ヤ・ン・グ〜〜!

以上をふまえて、今後くるであろうさまざまな人生の分岐点で
うまいこと営業トークに乗せられないようにしてくれ!
(なお、ペヤングは可とする)

おわりに

「うん、今回も何言ってるかわからない……」(安定感)

はい、そろそろ慣れようね。
それでは縁があったらまたお会いしましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる